ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


沿革・歴史

 

富士フイルムオプトマテリアルズ株式会社

2001年8月1日 富士フイルムグループの液晶ディスプレイ用部材の新たな生産拠点として、富士フイルム100%出資生産子会社「富士フイルムオプトマテリアルズ(株)」設立。
2003年3月 第一工場(フジタック)稼働。
2004年2月 第五工場(WVフィルム)稼働。
2004年4月 ISO9001(品質管理の国際規格)とISO14001(環境管理の国際規格)の統合認証取得。
2004年8月 第二工場(フジタック)稼働。
2005年7月 第三工場(フジタック)稼働。
2005年8月 第七工場(WVフィルム)稼働(第六工場は富士フイルム株式会社が運営)。
2005年12月 第四工場(フジタック)稼働。
2006年5月 第八工場(フジタック)稼働。
2008年8月 新日本石油(株)による天然ガスコジェネ設備稼働。
2009年7月 第九工場(WVフィルム)稼働。
2014年10月 富士フイルム株式会社 フラットパネルディスプレイ材料生産部 第一製造課(足柄)、第二製造課(小田原) ならびに 品質保証グループを「富士フイルムオプトマテリアルズ(株)」に統合。

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る